スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
録画環境について。
2008年12月22日 (月) | 編集 |
エンコードしてる間すごく暇なので、自分がどうやって録画しているかについて少し書いてみたいと思います。
もし実況をやってみようかなー、と思っている方がいらっしゃいましたら、少しでも参考にしてくだされば幸いです。

基本的にキャプチャーボードで録画しながら音声を録音し、あとで編集ソフトで合成、というカタチをとっています。
では簡単に流れを説明します。

■機材
キャプチャーボード: Monster X-i
マイク: SONY ECM PC50
音声録音ソフト: Audacity
編集ソフト: Aviutl

■準備
大容量HDD(100G以上は欲しい)
このHDDのプロパティをマイコンピュータで確認してみましょう。
ファイルシステムがNTFS以外になってしたら、右クリック→フォーマットでNTFSにしましょう。
そうしないとavi形式なら4Gを超えるファイルが保存できないからです。
無圧縮、もしくはHuffyuvなどの形式で取り込むと、マリカーの場合15分で15G程度いってしまいます。
画質を劣化させないように取り込むには必須なので、是非やってください。

1,キャプチャー
私の部屋にはテレビがないので、直接パソコンのモニターに映してながらやっています。
ですが、自室にテレビをもって来られる方はテレビに映像を出力し、分配でキャプチャーボードにつなぐ、という方法をとった方が良いです。ラグなくプレイできますし、PCへの負担も少ないです。
分配方法及び機材は囲炉裏さんのブログを参照したほうがわかりやすいですね。
テレビを持ってこられない方は相応のPCスペックと、質のいいキャプチャーボードが必要になります。
MonsterX、PV4あたりが主流になります。うまいこと設定しないとラグが発生してしまいますが、今のところ私の環境では快適にプレイできています。
ちなみに、出力の設定はHuffyuv 2.11で出力しています。容量が大きくなる代わりにほぼ取り込んだままの画質で保存できます。

2,録音
以下はアンプやステレオミキサーを使わず、音声だけ後で合成する場合の方法です。使う場合は後述のwikiを参照してください。
録画が開始されたのを確認してから、Audacityを起動し、録音を始めます。
録音が開始されたらしゃべり始める前に、ゲーム内の音に合わせて「ポン」などの効果音を入れる時間を作ります。マリカーの場合、「3,2,1のカウント」時にやると自然でいいと思います。これをやらないと音合わせが非常にめんどくさくなります。
もちろんゲームをするときはヘッドホンもしくはイヤホンをつけてやってください。ゲームの音がマイクとキャプチャーで二重に入ってしまいます。どうなるかは私の動画を見てみてください。(ペルソナ3F Part3)
切る時は録画を先に切り、録音を後で切ります。編集の時に動画より音が短いと不自然な部分が出てきてしまうので。
録音後、保存する前に音声のボリュームを上げておくと良いです。ノイズが乗ることもありますが、声が聞き取りやすくなりますので。←マイクブーストを使えば不要です。

3,編集
私はVideoStudioを使っていますが、Windows付属のムービーメーカーでも変わりません。大きな容量のファイルを扱えるか、の違いだと思っています。とりこんだばかりの動画は容量がとても大きいですから、Windowsムービーメーカーで編集すると、音合わせなどのために「容量を小さくするためエンコ→編集→再エンコ」と時間がかかってしまいます。何か方法があるのかもしれませんが、そこは知らないです…

※追記 Aviutlでゲームの元動画をとりこみ、WAV出力で音だけ抽出。Audacityでそのゲーム音と録音した声ファイルを同時に読み込み、音合わせする。といった方法もあります。これをするとWMMで再生するために容量を小さくするという手間が省ける場合があります。

容量を小さくしたら、再びムービーメーカーに取り込み、同じくとりこんだ音声ファイルと合成します。
ゲームの効果音に合わせて録音した「ポン」という音がピッタリ重なるように調節します。あとは尺の調節、タイトルや字幕、カット等をしてできあがりです。
私はこのあとmp4(H264)に変換するため、ムービーメーカーではビットレートをかなり上げた設定で出力しています。ほぼ無変換です。(レート25Mくらい)

4,エンコード
もしmp4やflvに変換しないのでしたら、ムービーメーカーで100M以下になるようビットレートを計算してwmv形式で出力すればこの作業は必要ありません。まぁ色彩変更などは行えますが。
私はmp4やflvに変換すると、ニコニコにうpする際劣化がおきにくいのでmp4に変換しています。
Aviutlの設定方法はこちらのwikiを見てください。わからなければ素直にwmvにした方が無難です。

プレミアム会員は現在100Mまでのmp4、flvをうp出来ますが、一般会員の方は40Mまでしかうpできません。正直プレミアムなんて全然興味なかったんですが、うpする方になってからは意識せざるを得なくなりましたね。販促じゃないですよ?w40Mでもそこそこの画質は保てます。特にPS2なんかだとよほど長くない限り40Mで十分です。
ちなみに私はおよそビットレート300kbps、音声AAC-HEの64kbpsでやってます。これで15分40Mギリギリくらいのラインです。

今日は簡単に流れだけ説明しました。各種ツールなどの詳しい設定などが聞きたい!という方がいらっしゃいましたらコメを残していただければ反応したいと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
音ポンメソッドいいですね…!参考にします…!
2008/12/23(Tue) 01:18 | URL  | とよ #T2PFTBgw[ 編集]
どもーw

かなり参考にないますねぇ・・・w
私も結構似た感じですが、音声の録音が違いますねー
私はサウンドレコーダーにて録音してますねw

ぁ、そうそう・・・
大容量HDDとは外付けHDDでもいいんですかね?
劣化変換を防ぐためには外付けHDDを買う予定なんですが、大丈夫ですかね?
2008/12/23(Tue) 12:50 | URL  | 銀河 #3un.pJ2M[ 編集]
>銀河様
私も外付けでやってますから大丈夫ですよー。
多分外付けのほう推奨だと思いますw
2008/12/23(Tue) 13:54 | URL  | ひやしナス #pJat9JqM[ 編集]
どもーw

ふむふむw ありがとうございますw
年始に買おうw
2008/12/23(Tue) 16:12 | URL  | 銀河 #3un.pJ2M[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。